コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッスガイ(払子貝) ホッスガイ Hyalonema sieboldi

1件 の用語解説(ホッスガイ(払子貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホッスガイ【ホッスガイ(払子貝) Hyalonema sieboldi】

六放カイメン綱ホッスガイ科の海綿動物イラスト)。深海に産するカイメンで,相模湾や駿河湾の水深300~500mから得られている。高さ10~15cmの円筒状の体から長い珪糸(けいし)の柄(把束(はそく))をだして海底の泥中に立ち,全長50~80cmになる。この柄が僧のもつ払子(ほつす)に似ているというのでこの名がある。体の上端は平らで篩状(しじよう)板があり,体内の広い胃腔をおおっている。胃腔は放射状に並ぶ隔壁で四つの室に分かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホッスガイ(払子貝)の関連キーワード海綿動物磯海綿海綿石灰海綿淡水海綿払子貝沐浴海綿六放海綿角質海綿普通海綿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone