コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッペ・ザイラー Ernst Felix Immanuel Hoppe‐Seyler

世界大百科事典 第2版の解説

ホッペ・ザイラー【Ernst Felix Immanuel Hoppe‐Seyler】

1825‐95
ドイツの生理化学者。医師として出発したが,ベルリン大学でR.フィルヒョーの門に入って研究者となる。ヘモグロビン,葉緑素(クロロフィル),タンパク質など各種生体成分の研究や,生体内酸化,発酵,腐敗などの化学的研究で業績をあげ,現代の生化学の起点である生理化学の確立者となった。1872年にシュトラスブルク(現,ストラスブール)大学教授。77年に《生理化学雑誌》を発足させ,有名な創刊の辞を書いた。この雑誌は今日も彼の名を冠して続いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホッペ・ザイラーの言及

【チトクロム】より

…マックマンC.A.MacMunnが1886年に筋肉その他の動物組織中に見いだし,ヘミンに類似の吸収帯を示すことからミオヘマチンmyohematinと呼んだ色素がこれにあたる。しかしこの発見はE.F.I.ホッペザイラーの強い反対にあって,一時期忘れさられるに至った。1925年になってD.ケイリンは,この色素が好気性生物に広く分布し,運動その他の生理的活動に伴って可逆的に酸化還元を行うことを指摘した。…

※「ホッペ・ザイラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホッペ・ザイラーの関連キーワードコッセル(Albrecht Kossel)アルバート コッセルホッペ・ザイラー12月26日荒木寅三郎

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android