コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッロークー Hollókő

デジタル大辞泉の解説

ホッロークー(Hollókő)

ハンガリー北部の村。スロバキアとの国境に近いチェルハート山地の谷間に位置する。かつてモンゴル人の襲来から逃れてカスピ海沿岸から移住したトルコ系クマン人の末裔(まつえい)、少数民族パローツが住む。石灰の壁に木製の瓦(かわら)を葺(ふ)いた伝統的な民家が残り、1987年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ホッローケー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android