コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッロークー Hollókő

デジタル大辞泉の解説

ホッロークー(Hollókő)

ハンガリー北部の村。スロバキアとの国境に近いチェルハート山地の谷間に位置する。かつてモンゴル人の襲来から逃れてカスピ海沿岸から移住したトルコ系クマン人の末裔(まつえい)、少数民族パローツが住む。石灰の壁に木製の瓦(かわら)を葺(ふ)いた伝統的な民家が残り、1987年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ホッローケー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android