コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホナガソウ(穂長草) ホナガソウStachytarpheta jamaicensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホナガソウ(穂長草)
ホナガソウ
Stachytarpheta jamaicensis

クマツヅラ科の多年草。原産は中南米とされるが,世界の熱帯域に広く雑草化しており,日本でも琉球列島や小笠原諸島に帰化している。茎は緑色で直立し高さ 1mあまり,4本の稜があって角張り,基部は木質化する。葉は短い柄があって対生し,卵円形で長さ3~10cm,縁に鋸歯が目立ち全体はシソ (紫蘇) の葉を細めにした感じである。葉柄の両側にひれ状の翼があるのが特徴。春から秋にかけて,枝先に長い花穂を伸ばし,多数の小花を基部から先端へ向って順次開く。花冠は青紫色,漏斗形で,上端部は5裂して平開し,直径5~7mm。ホナガソウあるいはナガボソウの名はこの長大な花穂をさしたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android