コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホノリウス2世 ホノリウスにせいHonorius II

2件 の用語解説(ホノリウス2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホノリウス2世
ホノリウスにせい
Honorius II

[生]1009./1010. ベローナ?
[没]1072. ロンバルディア,パルマ?
教皇アレクサンデル2世(在位 1061~73)の対立教皇(在位 1061~64)。本名 Peter Cadelo。パルマの司教だった 1045年頃,のちに教皇グレゴリウス7世(在位 1073~85)となる枢機卿ヒルデブラントが主導した教会改革運動に反対した。ヒルデブラントらにより進められたアレクサンデル2世教皇選挙に抵抗し,ロンバルディアドイツの司教の支援を受け,ドイツ王ハインリヒ4世(在位 1054~77)の摂政アグネス・フォン・ポアトゥーに擁立され選出された。ケルン大司教アンノ率いる貴族らがハインリヒ4世を誘拐し,アグネス・フォン・ポアトゥーが失脚したことで教会分裂は終結した。1063年5月,マントバの会議でアレクサンデル2世が正統な教皇と認められ,ホノリウス2世は 1064年にローマを去った。

ホノリウス2世
ホノリウスにせい
Honorius II

[生]?. ファニャーノ
[没]1130.2.13. ローマ
ファニャーノ出身の第163代教皇(在位 1124~30)。本名 Lamberto Scannabecchi。1117年,教皇パスカリス2世(在位 1099~1118)によりオスチアの司教枢機卿(→カーディナル)に叙階された。また,教皇カリクスツス2世(在位 1119~24)の使者としてドイツに赴き,叙任権論争を終結させたウォルムス政教条約の締結に貢献。1124年12月,カリクスツ2世没後の教皇選挙でケレスチヌス2世対立教皇。在位 1124.12.)に対抗して選出された。教会内部の改革と,教皇庁と各国指導者との間の和平を実現した。ドイツ王ロタール2世(3世。在位 1125~37)の選出を支持し,ロタールと対立していた,のちにホーエンシュタウフェン朝初代ドイツ王となるコンラート3世(在位 1138~52)を破門した。また,カラブリアの伯爵ロジェール2世に対する町や貴族らの反乱を起こさせたが,敗れ,ロジェールに公爵任命を強要された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホノリウス2世の関連キーワードリ朝康兆本朝麗藻キュリーサウル早川亜希新司法試験日本学生支援機構の奨学金蘇洵李朝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone