コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホノルルセンチュリーライド

1件 の用語解説(ホノルルセンチュリーライドの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ホノルルセンチュリーライド

米国ハワイ州ホノルルで毎年開催され、今年で25回目。カピオラニ公園を起点と終点に、20マイル(約32キロ)から最長100マイル(約160キロ)までの走行距離に分かれてオアフ島東岸を走る。参加者は体調などにより、当日でも走行距離を自由に変更できる。レースではないのでタイムを競うことはない。参加者は写真を撮ったり、昼寝をしたり、海岸で遊んだり、思い思いに楽しんで走るという。03年から日本航空が公式スポンサーとなり、また、自転車好きのミュージシャン忌野清志郎さんが参加するなどで知られるようになった。05年の参加者は前年より約600人多い3428人(うち日本人1985人)。06年は3809人(同2161人)。

(2006-10-26 朝日新聞 朝刊 茨城全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホノルルセンチュリーライドの関連キーワードCOMDEXオアフ島パールハーバーハワイ諸島ホノルルワイキキビーチ布哇ハワイアン当山哲夫寅右衛門

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホノルルセンチュリーライドの関連情報