コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホラアナゴ(洞穴子) ホラアナゴSynaphobranchus affinis

世界大百科事典 第2版の解説

ホラアナゴ【ホラアナゴ(洞穴子) Synaphobranchus affinis】

ウナギ目ホラアナゴ科の海産魚(イラスト)。北海道釧路近海から熊野灘辺にかけて分布。ハワイ近海からも知られている。体は褐色で,うろこは楕円形でごく小さく,皮膚に埋没している。吻(ふん)は長くてとがり,口は大きい。鰓孔(さいこう)は腹面にあり,前端部で左右が連続している。全長およそ60cm。深海性。食用としての価値は低い。【日比谷 京】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android