コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホリエモンロケット ほりえもんろけっと

知恵蔵miniの解説

ホリエモンロケット

宇宙開発企業のインターステラテクノロジズ株式会社が開発した小型観測ロケット「MOMO(モモ)」の通称。通称は同社の役員を務める実業家・堀江貴文の愛称「ホリエモン」に由来する。全長約10メートル、直径約50センチメートル、重さ約1トンの1段式のロケットで、燃料のエタノールと酸化剤の液体酸素を使用する液体燃料方式を採用している。2017年7月29日に北海道広尾郡大樹町の実験場から発射され、大気圏と宇宙空間の境界になる高度100キロメートルまで上昇し、通信試験などを行うことが予定されている。成功すれば民間単独によるロケットの宇宙空間到達は日本初であるとして、注目を集めた。

(2017-7-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホリエモンロケットの関連情報