ホルトの木科(読み)ホルトのきか

精選版 日本国語大辞典の解説

ホルトのき‐か ‥クヮ【ホルトの木科】

〘名〙 双子葉植物科名。熱帯および亜熱帯に分布し、一二属三五〇種がある。常緑の高木または低木。葉は互生または対生し、托葉がある。花は放射相称両性総状花序、円錐花序また複合集散花序になる。萼と花弁は同数で四または五。通常離生するが時に合生し、まれには無いこともある。花盤が発達。雄蘂は多数、離生して花盤につく。子房は上位。二ないし多数、稀に一室。胚珠は多数、または各室に二個。果実は蒴果か石果。日本にはホルトノキ属二種が本州中部以南に自生する。旧称、ずくのき科。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android