ホルト岩(読み)ホルトがん(英語表記)hortite

岩石学辞典の解説

ホルト岩

モンゾナイト・ヤマスカ岩に相当する[Tröger : 1935].含方解石輝岩で,輝石,アルカリ長石,方解石からなっている.石灰岩による斑糲(はんれい)岩輝岩の汚染作用によって形成されたとされている.この岩石は最初フォクトが記載し,後にブレガーが命名した[Vogt : 1913, Broegger : 1921, Tomkeieff : 1983].ノルウェー,トロンニェム北部のホルタベエル(Hortavaer)島に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android