コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルバート Horváth, Ödön von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルバート
Horváth, Ödön von

[生]1901.12.9. フューメ
[没]1938.6.1. パリ
オーストリアのハンガリー系の劇作家。ハンガリー,オーストリア,ドイツで青年期を過し,1938年スイスに亡命,パリで事故死。『ウィーンの森の物語』 Geschichten aus dem Wienerwald (1931) など,小市民の日常生活を素材にして意識と無意識の相克をドラマにした。 1930年代には忘れられた存在であったが,60年代になって再評価を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホルバート【Ödön von Horváth】

1901‐38
オーストリアの劇作家,小説家。オーストリア・ハンガリー帝国の外交官の子に生まれ,幼年時に言葉をしばしば変えねばならなかった。第1次大戦とその後の混乱期に自己形成を行わなければならなかったこともあり,言語とその背後にある意識に鋭い批判を加えている。自己分解に直面しアイデンティティを喪失した小市民層に彼の時代の典型的な庶民像を見いだし,ホルバートは,19世紀の民衆劇の枠組みを意識的に利用しつつ,彼らの底の浅い偽りの意識構造を暴露する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ホルバートの関連キーワードホルバート(Ödön von Horváth)オーストリア・ハンガリー帝国ラースロー ネーメトオーストリア文学オーストリア演劇ファビオ ルイジシャウビューネシベリア出兵ドイツ演劇新即物主義ネーメト