コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルンフェルス相 ホルンフェルスそうhornfels facies

岩石学辞典の解説

ホルンフェルス相

塩基性岩の貫入接触変成帯の内部に見られる変成相で,低圧と高温に支配されて形成された特徴がある[Eskola : 1922, 1939].塩基性岩変成岩では斜長石透輝石ハイパーシン鉱物組合せを示す.その後この相は変更されて,現在は輝石ホルンフェルス相またはカリ長石菫青石ホルンフェルス相とされている[Winkler : 1967].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ホルンフェルス相の関連キーワード角閃石ホルンフェルス相サニディナイト相グラニュライト相斑糲岩相亜灰長石変成作用火成相

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android