コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホレムヘブ ホレムヘブHoremheb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホレムヘブ
Horemheb

古代エジプト第 18王朝最後の王 (在位前 1348頃~20頃) 。軍人出身でイクナートン王以後,太陽神アトン信仰に関係のある4王に将軍として仕え,王位についた老臣アイが在位4年で没したあと,アモン神官団の支持を得て王位についた。イクナートンによる宗教改革の残影を徹底的に払拭するため,4王に関係ある建造物から王たちの名前を削り取った。国境の防備や領土の保全に努め,カルナックのアモン神殿に第9,10塔門を増築している。王の墓は「王陵の谷」の第 57号墳で壁面は美しい彩色浮彫で飾られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホレムヘブの関連キーワードトゥトアンクアメンラムセス1世

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android