コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロノミー holonomy

世界大百科事典 第2版の解説

ホロノミー【holonomy】

微分可能多様体上で接続を与えるということは,ある意味での,平行性を導入することである。したがって,やや粗雑ではあるが,ごく近い2点ppdpとに対しては,接続によってその一方における接ベクトルを他方へ平行移動することが可能であると考えてよい。そこで,点pと微分可能曲線cで結ばれる点qに対しても,pからqまでを少しずつ移動することによって,点pの接ベクトルを点qのそれにまで平行移動させることが可能になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ホロノミーの関連キーワードホロノミー群カルタン微分

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android