コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロホロクヘイアウ ホロホロクヘイアウHolo Holo Ku Heiau

世界の観光地名がわかる事典の解説

ホロホロクヘイアウ【ホロホロクヘイアウ】
Holo Holo Ku Heiau

アメリカのハワイ州カウアイ島、クアモオロードを上っていったところにある神殿跡。◇溶岩の石垣で囲まれた同島最古のもので、「ヘイアウ」は「聖域」という意味。かつては草葺(くさぶき)の神殿に神像が祀られた聖域で、奥の一段と高くなったところには大きな石があり、ハワイでは珍しく人間を生贄として神に捧げた場所といわれている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android