コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロヴィッツ:死の舞踏/piano solo Danse macabre

1件 の用語解説(ホロヴィッツ:死の舞踏/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ホロヴィッツ:死の舞踏/piano solo

サンサーンスの作品をリストピアノ編曲したものに、さらにホロヴィッツが手を加えたもの。リストの編曲を凌ぐ華やかさとなっている。この曲をしばしばコンサートの締めくくりやアンコールに弾いていた。

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホロヴィッツ:死の舞踏/piano soloの関連キーワードサンサーンスサン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調/piano and orchestra(concerto)サン=サーンス:ピアノ協奏曲 第4番 ハ短調/piano and orchestra(concerto)リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調/piano and orchestra(concerto)リスト:歌劇「ファウスト」のワルツ(グノー)/piano soloサン=サーンス:J.S.バッハ作品によるサン=サーンスのピアノのための編曲集 第1集/piano soloサン=サーンス:J.S.バッハ作品によるサン=サーンスのピアノのための編曲集 第2集/piano soloカッツ=チェルニン:ロシアン・ラグ(縮小編曲版)/piano soloツェムリンスキー アレキサンダードヴォルザーク(ドボルザーク)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone