コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホン(衡)山 ホンさんHeng shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホン(衡)山
ホンさん
Heng shan

中国南東部,フーナン (湖南) 省東部,ホンシャン (衡山) 県にある名山。五岳南岳に数えられる。シヤン (湘) 江中流の丘陵地からそびえており,チンコワン (京広) 鉄道の車窓から望むことができる。周囲約 400kmで,72の峰があり,最高点はチューロン (祝融) 峰で標高 1290m。3世紀の開山といわれ,福厳寺,南台寺など古刹が多い。チューロン峰の頂には祝融殿がある。行楽客のための設備や療養所が設けられている。滝や洞窟が多く,その一つは『西遊記』の水簾洞のモデルと伝えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホン(衡)山の関連キーワードホンヤン(衡陽)特別市

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android