コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンゴウソウ(本郷草) ホンゴウソウAndruris japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホンゴウソウ(本郷草)
ホンゴウソウ
Andruris japonica

ホンゴウソウ科の多年生腐生植物。関東以西の本州,四国,九州に分布し,木陰の枯れ葉の間に生える。根茎は白色,地上茎は高さ3~8cm,径 0.3~0.4mmで細く,分枝する。葉は鱗片状につき,紫褐色で長さ 1.5mmの披針形。花期は7~10月。総状花序をつくり,上部に雄花,下部に雌花がつく。花柄は長さ 3mm。花被片は6個で卵状披針形,鋭尖頭で長さ約 1mm。雄花にはおしべが3本,雌花には多数の離生めしべがある。果実は集まって径 1.5~2mmの球状の集合果となり,各心皮内に種子を1個含む。和名は発見地である三重県四日市市の本郷にちなむ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone