コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンダ ドリームD型

1件 の用語解説(ホンダ ドリームD型の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ホンダ ドリームD型

自社設計、量産型チャンネルフレームの採用、2ストローク98cc3PSのエンジンを搭載、チェンジペダルにクラッチを連動させ、扱い易さを向上。『ドリーム』という名のスタートモデル。保管場所ホンダコレクションホール (〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町大字桧山 120-1 ツインリンクもてぎ内)
製作(製造)年1949
製作者(社)本田技研工業株式会社
資料の種類量産車
現状展示(動態)・公開
車名ホンダドリームD型
型式D型(ホンダドリームD型)
会社名本田技研工業株式会社
車種・用途原付二種
実車所在/模型ホンダコレクションホール
製作開始年1949
スタイルオートバイ
乗員2名
車両重量80kg
エピソード・話題性エンジン、フレーム共にホンダオリジナル設計
全長2070
全幅740
全高970
前照灯バルブ
タイヤサイズ(前)2.00×3.00
タイヤサイズ(後)2.00×3.00
フレームチャンネルプレス
懸架方式(前)テレスコピック
懸架方式(後)リジット
ステアリングバーハンドル
ブレーキ(前)ドラム
ブレーキ(後)ドラム
特徴プレス鋼板によるチャンネルフレーム
種類空冷2サイクルガソリン
気筒配列単気筒
弁機構ピストンバルグ
気化器有1
内径x行程50×50
排気量96cc
点火系マグネット
最高出力/回転数3.0/5000
排気浄化消音マフラー
過給機なし
潤滑方式燃料混合方式
始動方式キック
燃料タンク容量7.0L
特徴前方吸気 後方排気
変速機2速
動力伝達方式チェン
クラッチ形式変速運動クラッチ(ウェットコーン)

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホンダ ドリームD型の関連キーワードクリスチャンネームマルチチャンネルメタルフレームオールチャンネルチャンネルプランチャンネルリーダーDチャンネルバックチャンネルBチャンネルカリウムチャンネル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone