コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーコン4世 ホーコンよんせいHaakon IV,Haakonsson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーコン4世
ホーコンよんせい
Haakon IV,Haakonsson

[生]1204
[没]1263.12.15. オークニー諸島
ノルウェー王 (在位 1217~63) 。スベッリ・シグルソン王の孫。父ホーコン3世の死後に生れ,親政後は旧貴族を廃し,農民上層を基礎に内政を確立,法慣習を成文化し,殺人,人妻略奪,フェーデ (親族による血の復讐) を禁じるなど,豪族支配によるノルウェーの古い社会秩序に打撃を加え,王権を強化した。 1217年イングランド王ヘンリー3世と両国の歴史上で最古のものとされている通商条約締結。 47年ローマ教皇使節より王冠を授けられる。 50年リューベックと通商条約を締結,その結果ドイツ諸都市がノルウェーの商業上の主権を握ることになった。 61年にグリーンランド,翌年アイスランド人の多数に忠誠を誓わせた。次いでオークニー諸島,ヘブリディーズ諸島などの領有をめぐってスコットランドとの戦いが始り,遠征途上病死した。芸術に対して深い理解を示し,『トリスタンとイズー』をはじめ多くの物語をノルウェー語に翻訳させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホーコン4世の関連キーワードスノッリ・ストゥルルソンアイスランド史ノルウェー建築マグヌス5世トリスタン北欧史イズー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android