コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーコン5世 ホーコンごせいHaakon V Magnusson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーコン5世
ホーコンごせい
Haakon V Magnusson

[生]1270
[没]1319
ノルウェー王 (在位 1299~1319) 。マグヌス5世 (法改訂王) の子。兄王エーリック2世の死によってノルウェー王となった。デンマーク,スウェーデンと戦い,軍事力の強化をはかったが,そのために騎士の力を増大させた。ハンザ同盟の圧力に抗してノルウェー商業を守ろうとしたが,結局は屈服し,ノルウェー王権は衰えた。外交上の必要性から首都をベルゲンからオスロへ移し,その地に城塞オーケルシュスを建設した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホーコン5世の関連キーワードエーリック・マグヌッソンアーケシュフース城マグヌス6世マグヌス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android