ホードメゼバーシャルヘイ(読み)ほーどめぜばーしゃるへい(英語表記)Hódomezövásárhely

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホードメゼバーシャルヘイ
ほーどめぜばーしゃるへい
Hdomezvsrhely

ハンガリー南東部、チョングラード県の都市。人口4万9382(2001)。大平原南東部の地方中心都市で、市名は「ビーバーが原の市場」を意味し、周辺農村地帯の物産の集散地。中小規模の陶磁器、繊維、木工工場がみられる。装飾的なマジョリカ焼の工芸陶器、絹刺しゅう織などの産地として知られる。市内の博物館(美術館)にはヤーノシュ・トルニャイJnos Tornyai(1869―1936)の絵画が収蔵されている。[古藤田一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android