コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホームネットワーキング

1件 の用語解説(ホームネットワーキングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ホームネットワーキング

家庭内でネットワークを利用すること。ネットワーク技術の普及と低価格化により、注目され始めた。実態としてはLANの一形態であるが、特に一般家庭での利用を想定したネットワーク、あるいは家庭におけるネットワーク利用のことを指して「ホームネットワーキング」と呼ぶ。ホームネットワーキングが真剣に検討されるようになった背景には、家電製品相次いでデジタル化されていることが挙げられる。ビデオカメラオーディオ機器などはもちろん、TV放送のデジタル化も間近に控えている。家電機器がデジタル化され、デジタルデータが一般的に利用されるようになれば、それらの機器を相互接続してネットワーク化すれば、より便利になることが予想されるし、またネットワークで統合することで無用に複雑化してしまうことを避ける意味合いもある。ただし、家電製品のネットワークという観点からは、設定や利用、あるいは配線作業が複雑になってしまっては困る。理想的にはケーブル1本接続するだけで、特別な設定等も不要で、電源オンで即ネットワークが利用できることが望ましい。ホームネットワーキングは、家電業界にとってもコンピュータ業界にとっても、次に来る巨大市場と認識されており、現在はその主導権争いが激しく展開されているところ。たとえば、家庭内に既設のケーブルを流用するという発想からHomePNAや電灯線ネットワークが提案され、また設定の手間を省くという観点からはHAViJiniUPnPといった規格がある。無線技術の応用として、Bluetoothも注目されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームネットワーキングの関連キーワードインターネットワーキングネットワークドライブリング型ネットワークインハウスネットワークステーションネットワークスポンサードネットワーク電子ネットワークネットワーカーネットワークコンピューターラインネットワーク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホームネットワーキングの関連情報