ホール(Gus Hall)(読み)ほーる(英語表記)Gus Hall

  • 1910―2000

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの政治家。フィンランド移民の子として貧困のうちに育ち、アメリカ共産党創立メンバーであった両親の影響を受け17歳で青年共産同盟に入った。1931~1933年モスクワで学び、帰国後、共産党全国委員となる。1937年の鉄鋼ストに活躍し、第二次世界大戦に従軍したのち、1950年に党中央書記、1959年に書記長となる。第二次世界大戦後、共産党が初めて大統領選立候補を認められた1972年以降1984年まで、党代表として出馬し主張を訴えた。著書多数。

[長沼秀世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android