ホール(読み)ほーる(英語表記)Marshall Hall

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホール(Marshall Hall)
ほーる
Marshall Hall
(1790―1857)

イギリスの医者、生理学者。ノッティンガム近くのバスフォードに生まれる。エジンバラ大学で医学を学び、1812年学位を得た。1816年ノッティンガムで開業、1826年ロンドンに移って開業した。医業のかたわら生理学の研究を行い、反射運動、脊髄(せきずい)に関する研究で業績をあげた。1833年に著した『延髄および脊髄の反射作用』Reflex Function of the Medulla Oblongata and Medulla Spinalisでは随意運動と不随意運動との差を明らかにした。そのほか、神経疾患、人工呼吸、消化器病、婦人病に関する研究論文がある。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホールの関連情報