ホールエルー法(読み)ホールエルーホウ

デジタル大辞泉の解説

ホールエルー‐ほう〔‐ハフ〕【ホールエルー法】

アルミニウム溶融塩電解により製錬する方法。セ氏1000度に熱した氷晶石融剤とし、バイヤー法で得られた高純度の酸化アルミニウムを溶解させる。炭素電極で電気分解をすることで、陰極にアルミニウムが析出する。現在、唯一実用化された製錬方法として知られる。1886年に米国のホールとフランスのエルーにより、独自に考案された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android