コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホールズワーズ William Searle Holdsworth

世界大百科事典 第2版の解説

ホールズワーズ【William Searle Holdsworth】

1871‐1944
イギリスの法制史家。1897年母校オックスフォード大学のフェロー,1903‐08年ロンドン大学の憲法の教授,10年オックスフォード大学の英法講師,22年同教授となり,死ぬまでこの地位にあった。ほかに政府関係の仕事でも活躍している。彼の学問的エネルギーは驚嘆すべきものがあり,主著《英法史》(1903‐72)は17巻を数え,その出版には70年近い年月を要した。本書は英法の歴史をその最初期から1873‐75年の裁判所法に至るまで全分野にわたって叙述したもので,1人の著者による全英法史の概観だけに完全さの点では欠ける点がなくもないが,英法史の事典的価値を有するのみならず,一貫した立場から英法史を詳細に鳥瞰した通史としても比類のない存在である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホールズワーズの関連キーワード廃藩置県名古屋(市)カミュスタージェスもの派レジスタンス文学マーシャルインターナショナル新教育高田藩

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android