コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホールン Hoorn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホールン
Hoorn

オランダ北西部,ノールトホラント州の都市。アムステルダムの北約 30km,アイセル湖西岸に位置する。 1300年頃建設され,57年に都市権を獲得。中世のウェストフリースラントの中心都市となった。市名の起源となった角の形の港は,18世紀までオランダの主要港湾の一つであった。現在は野菜,酪農製品の中心市場があり,印刷,織物,電気機器,プラスチックボート製造などの工業や,漁業も行われる。ゴシック様式の北聖堂 (1441~1519) ,東聖堂 (15世紀) ,聖母マリア塔 (1508) ,市庁舎 (1613) ,ウェストフリースラント博物館 (32) など,歴史的建築物が多い。人口5万 9028 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホールン(Hoorn)

オランダ、ノルトホラント州、アイセル湖に面する港町。17世紀、オランダ東インド会社の支社が置かれた。町の中心のローデステーン広場に、東インド会社ゆかりの品々を所蔵する西フリージアン博物館がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ホールンの関連キーワードクーン(Jan Pieterszoon Coen)ウォリス・フトゥナ諸島オランダ東インド会社ポートホールン長崎ノールト・ホラントファン・ホイエンホーン[岬]デルフト陶器エグモントフライト船アルバ公ケンペルホーン岬ゴイセンクーン

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android