コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボアンヴィル Boinville,Alfred Chastel de

朝日日本歴史人物事典の解説

ボアンヴィル

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:1849
明治初期に活躍した在日フランス人建築家。明治5(1872)年,工部省測量司の測量師として来日。その後営繕局に転じ,お雇い建築家として公共建築の設計に従事した。代表的作品に工部大学校講堂(1877)や外務省庁舎(1881)などがあるが現存しない。

(河東義之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ボアンヴィルの関連キーワード没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android