コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイオ Boiō; Boios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボイオ
Boiō; Boios

ヘレニズム時代のギリシア詩人。現存するのはそのアポロン賛歌の断片のみであるが,古代末期の作者アントニヌス・リベラリスの『変形譚』にはヘレニズム期の詩人ニカンドロスの同名の詩と並んで,ボイオの『鳥の系譜』の散文要約が記載されている。もと人間であったものが,恋や恨みがもとでさまざまな鳥の姿に変容したという神話や伝説を集めたものであり,そのなかのいくつかはローマの詩人オウィディウスの『変形譚』の物語と酷似していることから,オウィディウスの資料の一つと目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボイオの関連キーワードプラタイアイの戦いレウクトラの戦いプラタイアイの戦カイロネイアの戦コロネイアの戦いボイオチア方言レウクトラの戦トロフォニオステッサリア方言ボイオチア同盟アイオリス方言デリオンの戦いハスドルバルアイオリス人カイロネイアデモステネスタナグラ人形レスボス方言パウサニアスフィリッポス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android