コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイジャー1号 ぼいじゃーいちごうVoyager 1

知恵蔵miniの解説

ボイジャー1号

米航空宇宙局(NASA)の無人宇宙探査機。木星系や土星系などの天体の構造を調査する目的で、1977年9月に打ち上げられ、79年3月に木星、80年11月に土星にそれぞれ最接近して探査を行った。その後、太陽系外で飛行を続け、2013年には太陽圏を脱出した。14年以降は姿勢制御用の噴射エンジンの老朽化が問題視されてきたが、NASAは17年12月、その代替として軌道修正(TCM)用エンジンを37年ぶりに噴射することを試み、成功したと発表した。これにより、同探査機の寿命を2~3年延ばすことが可能になるという。同年12月7日現在、地球から約210億キロメートル離れた恒星間宇宙空間を時速約6万1000キロメートルで飛行しており、荷電粒子磁場をはじめとする観測データを地球に向けて送信し続けている。

(2017-12-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

ボイジャー1号の関連キーワードイオ(木星の第一衛星)ゴールデンレコード宇宙開発史(年表)カッシーニの間隙グランドツアーボイジャー計画末端衝撃波面惑星(天体)スイングバイ惑星探査機土星探査機ボイジャー木星探査機宇宙開発メティスベリーテチスミマスレア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボイジャー1号の関連情報