コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウアオノリ

海藻海草標本図鑑の解説

ボウアオノリ

からだは管状で細長い。1層の細胞層が円筒状に配列する。分枝することはほとんど無い。岩上の一カ所から幾本も集 まって束のように出ている。手触りは柔らかい。生体は黄緑〜緑色。波の荒い岩上では長さ1cmにも満たないが,栄養の多い内湾や河口近くでは100cmに 達することもある。 広く養殖されているスジアオノリと同様に,香りが良く,干して食用とされる。属名のUlvaは女性名詞で,ケルト語の水(ul)に由来する。種小名「intestinalis」は,「腸の」の意味。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

ボウアオノリの関連キーワードアオノリ(青海苔)アオノリ青海苔

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android