コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウィアヌム Bovianum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボウィアヌム
Bovianum

古代イタリアの都市。 (1) ボウィアヌム・ウンデクマノルム Bovianum Undecumanorum 南部の山地にあったサムニウム人の都市。前 311年ローマに占領された。1世紀ウェスパシアヌス帝により第 11軍団 Undecimaの退役兵に割当てられたのでこの名がある。 (2) ボウィアヌム・ウェツス Bovianum Vetus (1) のやや北方に位置したサムニウム人の都市。前 298年ローマ領となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android