コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウエンギョ(望遠魚) ボウエンギョ Gigantura chuni

1件 の用語解説(ボウエンギョ(望遠魚)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボウエンギョ【ボウエンギョ(望遠魚) Gigantura chuni】

サケ目ボウエンギョ科の深海魚。眼が円筒状に前方へ突出しているのでボウエンギョと呼ばれる。体は細長く円筒形で尾びれの下半分が著しく延長する。体は銀色でうろこがない。口は巨大で胸びれ直下まで裂けている。両あごに鋭い大きな歯をもち,自分より2倍も大きい魚を丸のみにできる。背びれは体の後半部に位置し,しりびれは小さく背びれ後端の下に位置する。胸びれは著しく高い位置にあり大きく,うちわ状に上方に向かって開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボウエンギョ(望遠魚)の関連キーワードドラム近海魚深海魚海魚裂け目遠海魚ギンザケ円筒状構造ボウエン岩真行房定宴

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone