コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウシュウボラ(房州法螺) ボウシュウボラ Charonia sauliae

1件 の用語解説(ボウシュウボラ(房州法螺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボウシュウボラ【ボウシュウボラ(房州法螺) Charonia sauliae】

フジツガイ科の大型巻貝。殻の高さ22cm,幅10cmくらいになる。殻は厚く堅固で,卵円錐形をしている。螺層(らそう)は10階余あり殻頂部は紅色。殻表には各層の肩に瘤(こぶ)の列があり,また細い螺肋(らろく)もある。淡黄褐色の地に黒褐色の斑がある。強い縦肋がところどころにできる。殻口は広く卵形で,その外縁は厚くなって開く。内側は白色で,外唇の歯状のしわは黒い。水管溝は短く,湾入する。ふたは黒褐色で卵形,革質で厚い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボウシュウボラ(房州法螺)の関連キーワードバイヒメエゾボラ黒蝶貝実害揚巻貝泡舟貝鴎貝逆巻貝枇杷貝房州法螺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone