コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウシュウボラ(房州法螺) ボウシュウボラCharonia sauliae

世界大百科事典 第2版の解説

ボウシュウボラ【ボウシュウボラ(房州法螺) Charonia sauliae】

フジツガイ科の大型巻貝。の高さ22cm,幅10cmくらいになる。殻は厚く堅固で,卵円錐形をしている。螺層(らそう)は10階余あり殻頂部は紅色。殻表には各層の肩に瘤(こぶ)の列があり,また細い螺肋(らろく)もある。淡黄褐色の地に黒褐色の斑がある。強い縦肋がところどころにできる。殻口は広く卵形で,その外縁は厚くなって開く。内側は白色で,外唇の歯状のしわは黒い。水管溝は短く,湾入する。ふたは黒褐色で卵形,革質で厚い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android