コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウネリー岩 ボウネリーがん vaugnerite

1件 の用語解説(ボウネリー岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ボウネリー岩

フルネが命名しラクロアが再定義し,記述は様々に変わっている[Fournet : 1836, Lacroix : 1917, Michel-Levy & Lacroix : 1887].石英モンゾニ岩の一種で黒雲母と燐灰石を異常に多く含む岩石をいう[Holmes : 1920].優黒質の花崗閃緑岩である[Tröger : 1935].多量の角閃石,顕著な黒雲母,アンデシン,少量の正長石からなるフランスリヨン付近のボウネリー(Vaugneray)地方の脈岩をいう[Johannsen : 1932, Tomkeieff : 1935].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボウネリー岩の関連キーワードマクロ群論黒油フルネームドラクロワラクロアゼット通りラサイトフロア岩エティンド岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone