コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボェトン岩 ボェトンがんboetonite

岩石学辞典の解説

ボェトン岩

珪化橄欖(かんらん)岩でオパールやカルセドニイなどからなっている.超塩基性岩や片岩堆積岩の中に脈として産出し,熱水作用によって橄欖岩から形成されたと推測されている[Hetzel : 1938].スリランカ南東のボェトン(Boeton)島に由来する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android