コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボギレ(勃極烈) ボギレbogile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボギレ(勃極烈)
ボギレ
bogile

中国,の中央執行機関。女真語で君長,大臣の意。ワンヤンアクダ (完顔阿骨打) は生女真を統一したのち,自己の地位の表示にこの語を用い,みずからを都ボギレと称し,ボギレ数名と完顔部の族長会議を構成。収国1 (1115) 年これを国家の中央政治組織に改編,アンバン (諳班) ,グルン (国論) ,グルンアマイ (国論阿買) ,グルン (国論) 昃 (しょく) の4ボギレを設置した。天会 12 (34) 年に廃止され,中国風の三省制となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボギレ(勃極烈)の関連キーワードワンヤンアクダ(完顔阿骨打)煕宗[金]

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android