コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボグダ(博格達)山脈 ボグダさんみゃくBogda shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボグダ(博格達)山脈
ボグダさんみゃく
Bogda shan

中国北西部,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区中部にある山脈。テンシャン (天山) 山脈の東部の主脈をなす東西方向の地塁山地。南麓にはチョルタグ (覚羅塔格) 山との間にトゥルファン (吐魯番) 盆地を抱く。主峰のボグダ峰は標高 5445mで,ウルムチ (烏魯木斉) 市の東方にそびえる。万年雪をいただき,氷河も発達している。山腹はよい放牧地となり,山麓には多くのオアシスが形成されている。東西両端に,かつての天山南路天山北路を結ぶ峠がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone