コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスニアヘルツェゴビナ Bosnia and Herzegovina

デジタル大辞泉の解説

ボスニア‐ヘルツェゴビナ(Bosnia and Herzegovina)

ヨーロッパ南東部、アドリア海に面する共和国。北部のボスニアと南部のヘルツェゴビナとからなる。首都サラエボ。15世紀以降オスマン帝国領。1908年オーストリアハンガリー帝国に併合され、第一次大戦の発端となるサラエボ事件が起きた。1946年ユーゴスラビアで共和国を形成。1992年、ユーゴスラビアの解体・再編に伴い独立。人口462万(2010)。ボズナ‐ヘルツェゴビナ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ボスニアヘルツェゴビナの関連キーワードボスニア・ヘルツェゴビナイヴォ アンドリッチロシアトルコ戦争

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボスニアヘルツェゴビナの関連情報