コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスニア紛争

1件 の用語解説(ボスニア紛争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ボスニア紛争

ユーゴスラビアからボスニア・ヘルツェゴビナが92年に独立したのをきっかけに、分離を目指すセルビア人と、クロアチア人モスレム人(イスラム教徒)との内戦に突入。20万人以上が犠牲になったとされる。95年7月にはスレブレニツァでモスレム人7千人以上が殺害され、第2次大戦後の欧州で最悪の虐殺となった。95年のデイトン和平合意で「ボスニア連邦」(モスレム人とクロアチア人主体)と「セルビア人共和国」が併存する体制になり、戦いが終わった。隣国セルビアとも国交は正常化したが、民族間の関係はまだ和解の途上だ。

(2009-06-08 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボスニア紛争の関連キーワードセルビアモスタルユーゴスラビア西バルカンヘルツェゴビナボスニアボスニア・ヘルツェゴヴィナユーゴスラビアン・トライカラード・ハウンド旧ユーゴ解体旧ユーゴ連邦の解体

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボスニア紛争の関連情報