コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボティーフ教会 ボティーフキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

ボティーフ‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【ボティーフ教会】

Votivkirche》オーストリアの首都、ウィーンの中心部にあるネオゴシック様式の教会。皇帝フランツ=ヨーゼフ1世が暗殺未遂事件から無傷で生還したことを受け、弟のマクシミリアン1世の呼びかけで、1856年から1879年にかけて建造された。設計はハインリヒ=フォン=フェルステル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ボティーフ教会の関連キーワードオーストリアヨーゼフ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android