ボトルネック・インフレ(英語表記)bottleneck inflation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボトルネック・インフレ
bottleneck inflation

完全雇用水準に近づくにつれて,一部の産業において生産能力を超える需要の増大が生じるため,財やサービスの生産に必要な中間財の一部が供給不足となり,希少な財の価格上昇がコスト高を呼び,物価上昇が起こる現象。第1次石油危機が好例で,OPECによる原油値上げと供給カットにより石油依存度の高い電力,鋼材化学製品など一部の生産要素が不足し,鋭角的な物価上昇となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android