コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボナ・デア Bona Dea

1件 の用語解説(ボナ・デアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボナ・デア【Bona Dea】

古代ローマの貞節と豊穣の女神。その名は〈良き女神〉の意。牧人と家畜の神ファウヌスの姉妹,妻または娘とされるところから,本名はファウナFaunaまたはファウラFaulaであったという。彼女の祭礼は毎年12月にその年のコンスル(執政官)またはプラエトル(法務官)の任にある者の家で,かまどの女神ウェスタに仕える女祭司ウェスタリスの司式のもと,女性のみが参集して執り行われた。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボナ・デアの関連キーワードイシュタルディアナビーナスフロラリベルローマの七丘ローマ風呂古代ローマの航跡をたどれテルリック・プレッシャー古代ローマ人の格言

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone