コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボニファチウス7世 ボニファチウスななせいBonifatius VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボニファチウス7世
ボニファチウスななせい
Bonifatius VII

[生]?. ローマ
[没]985.7. ローマ
教皇あるいは対立教皇(在位 974,984~985)。助祭枢機卿(→カーディナル)だったが,ローマの有力貴族クレスケンチウス家の後ろだてを得て教皇ベネディクツス6世を殺害し,教皇位を簒奪した。しかし神聖ローマ皇帝オットー2世によって廃位され,コンスタンチノープルへ逃れた。983年にオットー2世が死去すると,翌 984年にクレスケンチウス家によりローマへ呼び戻され,教皇ヨハネス14世を投獄,おそらく殺害し,再び教皇位についた。翌 985年にローマの民衆によって殺害された。2人の教皇を殺したとされ,教皇としての正統性を疑われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボニファチウス7世の関連キーワードヨハネス15世(16世)ベネディクツス7世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android