コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボニファチウス8世 ボニファチウスはっせいBonifatius VIII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボニファチウス8世
ボニファチウスはっせい
Bonifatius VIII

[生]1235頃
[没]1303.10.11. ローマ
第193代教皇(在位 1294~1303)。本名 Benedict Caetani。ボローニャで法律を学び,教皇庁で重用され,1281年に助祭枢機卿(→カーディナル)に叙任された。教皇ケレスチヌス5世を退位させフモネ城に幽閉,その後継として 1294年に登位した。治世はフランス王フィリップ4世との闘争に明け暮れていた。イングランドとの戦争の戦費を聖職者への課税で調達しようとしたフィリップ4世に対し,1296年教皇の許可なき課税を禁じる大勅書を発布。しかし王から輸出禁止と外国商人の追放などの抵抗を受け,新たな大勅書を発して前言を撤回せざるをえなかった。1297年,コロンナ家の反乱の鎮圧後に王との関係は改善に向かい,フィリップ4世の祖父ルイ9世を列聖。しかし 1301年に王がパミエ司教ベルナール・ド・セセを投獄したことで再度対立が激化し,1302年大勅書ウナム・サンクタムを発布して教皇権の絶対性を主張した。1303年にはハプスブルク家アルブレヒト1世の皇帝位を承認してその力に期待を寄せたが,同 1303年9月,大法官ギヨーム・ド・ノガレによってアナーニで 2日間捕われ(→アナーニ事件),この心労により 1ヵ月足らずのちに死去した。1298年,旧教会法典の "Liber Sextus"を公布し,1300年を最初の聖年(→ヨベルの年)として恩赦の制度を確立,芸術の再興にも尽力した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボニファチウス8世の関連キーワードヤコポーネ・ダ・トーディベネディクツス11世教皇のバビロン捕囚モンテフェルトロ家クレメンス5世ビエンヌ公会議カエターニ家全国三部会教会法大全ローマ大学コロンナ両剣論

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android