コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボニファティウス[8世] ボニファティウス

2件 の用語解説(ボニファティウス[8世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ボニファティウス[8世]【ボニファティウス】

ローマ教皇(在位1294年―1303年)。中世的教皇権の再興に努め,近世国家の絶対主義王権をめざすフランス国王フィリップ4世に対抗。1296年フランスの聖職者課税に反対し,1302年教書〈ウナム・サンクタム〉で教権が俗権にまさることを宣した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボニファティウス[8世]【Bonifatius VIII】

1234ころ‐1303
ローマ教皇。在位1294‐1303年。イタリアアナーニに生まれ,トーディスポレトで学び,パリ,ローマ聖堂参事会を務め,1276年ローマ教皇庁に入る。81年には枢機卿助祭,91年には枢機卿司祭となり,教皇特使としてフランス,イタリアで活躍し,また教皇ケレスティヌス5世の退任には決定的な役割を果たした。94年の教皇就任以後,教皇権威の高揚,ヨーロッパの平和と聖地解放とを課題としたが,ジェノバベネチアとの和解調停に失敗し,アラゴンのフレデリクのシチリア王即位(1296)を阻止できず,またフランスのフィリップ4世(美王)とは激しく対立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のボニファティウス[8世]の言及

【教皇】より

…そのためローマ教皇とドイツ皇帝との対立が激化していった(叙任権闘争)。聖と俗との戦いから,インノケンティウス3世(1198‐1216)による全西欧キリスト世界の霊的支配に至って中世の教皇職は絶頂に達したが,ボニファティウス8世Bonifatius VIII(1294‐1303)の挫折後,フランス人諸教皇はフランス国王権の下に教皇職の霊的地位を失い,教皇の〈アビニョン捕囚〉が起こった。続いて全西欧キリスト教世界の教会大分裂(シスマ)が起こり,真の教皇はローマの教皇かアビニョンの教皇か,同時代人も教会史家も簡単に答えられないほど教会は混乱してしまった。…

【アナーニ事件】より

…ローマ教皇ボニファティウス8世とフランス王フィリップ4世との間の政治的事件。アナーニAnagniはローマの南東約60kmの所にあり,教皇ボニファティウス8世の生地であり,彼の別邸があった。…

【カペー朝】より

… フィリップ4世(端麗王)の治世(1285‐1314)には,王国慣習法(基本法)の形成,国王評議会と三部会の組織化など,支配の客観化がすすみ,下級貴族や市民出身のレジスト(法曹家)を支柱とするような政策に転換する。教皇ボニファティウス8世との抗争に際して初めて全国三部会を召集し,教皇をアナーニに急襲(1303)し,教皇座をアビニョンに移し(教皇のバビロン捕囚,1309‐77),ガリカニスム(国家教会主義)の端緒をつくったり,国内のテンプル騎士団を解散(1312)して,その所領・財産を没収して王国財政の強化をはかったのも,彼の現実主義的な政策のあらわれといえよう。 フィリップ4世の3人の男子(ルイ10世,フィリップ5世,シャルル4世)はいずれも世継ぎの男子がなく,1328年,シャルル4世の死とともに直系カペー朝は断絶。…

【教皇】より

…そのためローマ教皇とドイツ皇帝との対立が激化していった(叙任権闘争)。聖と俗との戦いから,インノケンティウス3世(1198‐1216)による全西欧キリスト世界の霊的支配に至って中世の教皇職は絶頂に達したが,ボニファティウス8世Bonifatius VIII(1294‐1303)の挫折後,フランス人諸教皇はフランス国王権の下に教皇職の霊的地位を失い,教皇の〈アビニョン捕囚〉が起こった。続いて全西欧キリスト教世界の教会大分裂(シスマ)が起こり,真の教皇はローマの教皇かアビニョンの教皇か,同時代人も教会史家も簡単に答えられないほど教会は混乱してしまった。…

【キリスト教】より

…ゲルマン諸族への伝道はすでに3世紀に始まり,5世紀にはアングロ・サクソン族への伝道もなされ,7世紀に入るとベネディクト会がこれに加わって活発な異民族伝道を行ってきた。ウィリブロードWillibrord(739没)と,のちにボニファティウスBonifatiusと呼ばれたウィンフリードWynfrid(754没)の活躍が特に記憶される。これにより,西方教会はコンスタンティノープルの支配とイスラム教徒の圧迫を排して自立するとともに,古代の伝統を中世に媒介することができた。…

【ローマ[市]】より

…13世紀初めのインノケンティウス3世がローマにおける教皇の地位の確立を図ったが,オルシーニ家やコロンナ家などのローマの主要な貴族は互いに熾烈な争いを繰り返し,また教皇とも対立し,さらに歴代教皇は神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世との厳しい闘争を経験しなければならなかった。ボニファティウス8世は1300年を最初の聖年に定め,ローマは巡礼であふれ,ローマ大学が創設された。しかし,教皇首位権を主張したボニファティウス8世は,フランス国王と対立することになり,1309年教皇庁はアビニョンに移され,教皇権の衰退とともにローマ市もさびれていった。…

※「ボニファティウス[8世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボニファティウス[8世]の関連キーワードエウゲニウス教皇教皇庁ボニファチウスレオローマ教皇庁ヨハネスローマ教皇ウルバヌスローマ教会

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone