コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボニファーチョ Bonifacio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボニファーチョ
Bonifacio

フランス語ではボニファシオ。ボニファーチョはイタリア語。フランス,コルシカ島 (コルス島) 南端の港町。コルスデュシュド県に属する。イタリア領サルジニア島とは幅 12kmのボニファーチョ海峡をへだてて相対する。町の主部は高い海食崖に囲まれた岬の上の高台に位置し,入江に沿う崖下には船員,漁師の家並みが帯状に広がる。中世にはジェノバに属し,現在でもジェノバの方言が通用語。山の手の狭い通り,アーケード下の通路,袋小路,13~14世紀の聖堂,古い家並みなど中世の面影を残す。漁業基地,サルジニア島との連絡港として活況を呈する。ワイン,コルク,穀物などの取引が盛ん。人口 2701 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボニファーチョの関連情報