コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボノネス1世 ボノネスいっせいVonones I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボノネス1世
ボノネスいっせい
Vonones I

[生]?
[没]19
古代イラン,アルサケス朝パルティア帝国の王 (在位7/8~12) 。フラーテス4世の長子で,ローマに人質になっていたが,オロデス3世の死に際してチベリウスから帰国を許されて即位。しかし,その親ローマ的立場は貴族の反発を買い,12年,傍系のアルタバヌス3世が反乱を起してクテシフォンに侵入するに及んで王位を追われ,アルメニアに逃れて 15年までそこの王位にあった。のちシリアのアンチオキアに移り住んだが,19年に暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android