コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボノロング野生動物公園 ボノロングやせいどうぶつこうえん

1件 の用語解説(ボノロング野生動物公園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボノロングやせいどうぶつこうえん【ボノロング野生動物公園】

オーストラリアのタスマニアに生息するタスマニアンデヴィル、ウォンバッド、カンガルーワラビーなどの有袋類を保護、飼育して野生に返す目的で設立された公園。◇「ボノロング」はアボリジニの言葉で「自然の仲間」という意味。ハリモグラなどの固有動物も自然に近い環境で暮らしていて、コアラやウォンバッドと写真撮影もできる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボノロング野生動物公園の関連キーワードオーストラリア区タスマニア語タスマニアオーストララシアオーストラリア亜区タスマニアタイガーオーストラリア室内管弦楽団オーストラリアン・ミストタスマニア人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone