コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボノロング野生動物公園 ボノロングやせいどうぶつこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボノロングやせいどうぶつこうえん【ボノロング野生動物公園】

オーストラリアのタスマニアに生息するタスマニアンデヴィル、ウォンバッド、カンガルーワラビーなどの有袋類を保護、飼育して野生に返す目的で設立された公園。◇「ボノロング」はアボリジニの言葉で「自然の仲間」という意味。ハリモグラなどの固有動物も自然に近い環境で暮らしていて、コアラやウォンバッドと写真撮影もできる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android