コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボノロング野生動物公園 ボノロングやせいどうぶつこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ボノロングやせいどうぶつこうえん【ボノロング野生動物公園】

オーストラリアのタスマニアに生息するタスマニアンデヴィル、ウォンバッド、カンガルーワラビーなどの有袋類を保護、飼育して野生に返す目的で設立された公園。◇「ボノロング」はアボリジニの言葉で「自然の仲間」という意味。ハリモグラなどの固有動物も自然に近い環境で暮らしていて、コアラやウォンバッドと写真撮影もできる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android